乾燥肌はオイルより化粧水でしっかり保湿をしましょう

subpage01

湿度が下がる秋から冬の時期は、肌の乾燥に悩まされる方もいらっしゃることでしょう。肌がカサカサになってしまう乾燥肌の方がついやってしまうことが、いきなり油分を含んだオイルやクリームを肌に直接つけてしまうことです。

一時的に、乾燥肌がよくなったような気がしますが、実は、これは間違ったスキンケア方法ですので、直接、肌に油分をつけるのはやめましょう。

気になる化粧水の乾燥肌を知るならこのサイトです。

乾燥肌を改善するには、いきなり油分のあるものを肌につけてはいけません。

洗顔できれいによごれを落とした後、たっぷりと化粧水を肌につけて保湿することが最優先です。


コットンなどに十分につけた後、肌をやさしくパッティングして、水分を補給してあげましょう。

肌がしっとりとなるまで化粧水をつけた後に、ようやく油分のあるクリームなどを肌に薄く伸ばし、蓋をすることで、みずみずしい肌を保つことができます。

化粧水には、水溶性と油溶性のものがあります。水溶性の化粧水は、水に溶ける働きがありますので、水分を補給させるのに役立ちます。



乾燥肌の方は水溶性のものを使って、十分に水分を肌に浸透させるようにしましょう。



ヒアルロン酸が配合されているものだと、肌に潤いを与えると同時に乾燥を防ぐ効果があります。

他にもコラーゲンが配合されているものだと、肌の角質層にまで潤いを与えることができますので、水溶性コラーゲン加水分解コラーゲンが配合されている化粧水でお手入れをすると、乾燥肌が徐々に解消されていくことでしょう。