乾燥肌に効く化粧水の成分とは

subpage01

乾燥肌に効く化粧水の成分は多くありますが、特に、肌本来の持つ水分保持力が低下しているような場合であれば、乾燥から大事な肌を守る水溶性の成分がたっぷりと配合されたものを選ぶことができるでしょう。例えば、水分を吸着したり抱え込んだりする性質を持ったエラスチンやコラーゲン、またヒアルロン酸といった成分があります。

肌の角質層には、NMFと呼ばれる天然保湿因子が存在しています。

化粧水の乾燥肌が気になる方に必見の情報です。

しかし、その天然保湿因子が少なくなっているようであれば、NMFを構成している幾つかの成分が配合されているものを使って、角質層に働きかけることができます。
NMFを構成している成分には、アミノ酸や尿素、乳酸ナトリウムなどがありますが、それらの成分が配合された化粧水で乾燥肌を改善できるでしょう。乾燥肌を改善するのに効果的な化粧水として、角質層を健やかな状態へと導くのに役立つ成分が配合されたものがあります。
肌を健やかな状態にし、肌自体の保湿力を高める成分の中には、セラミドの生成量を高める働きをするものがあります。



例えば、ユーカリ抽出液やライスパワーNo.11エキスと呼ばれる成分です。



このセラミド以外にも、角質層を健やかにする別の成分として、NMFの生成量を高める成分があります。
その中には、ヨクイニンとも呼ばれるハト麦などの植物エキスも含まれます。

これらの成分がたっぷり配合されたものであれば、乾燥肌に効く化粧水としてたいへん有効であると言えるでしょう。